MENU

ノンシリコントリートメントの髪への効果&頭皮への効果


ノンシリコントリートメントの効果を
髪の毛、頭皮に分けて解析しました。

 

 

髪に使用するシャンプーやコンディショナー、トリートメントには、シリコンが配合されている物とシリコンが配合されていない物があります。

 

 

シリコンを配合することにより、滑りを良くしますので、指通りがスムーズになめらかになる効果がありますが、その一方で、髪や頭皮に悪影響を及ぼす可能性があると言われています。

 

ここでは、ノンシリコントリートメントについて詳しく説明します。

 

1)髪への効果


シリコンが配合されているトリートメントを使うと、髪の手触りがなめらかになり、指どおりがとてもスムーズになりますが、これは、本来の髪の性質を発揮しているのではなく、シリコンのコーティング作用によって、そのような効果があるのです。

 

それに対して、ノンシリコントリートメントを使用している髪は、シリコンによってコーティングされていない状態ですので、たっぷり髪の芯まで栄養を届けることができるのです。

 

美容成分が浸透しやすい状態を作りますので、ダメージを受けている髪は、徐々に修復され、髪本来の美しさを取り戻します。
また、新たに生えてくる髪は、強く丈夫になります。

 

 

ノンシリコントリートメントは、使い始めてしばらくは、髪がきしむような感じがしたり、指どおりがスムーズではないと感じることがありますが、これは使い続ける内に気にならなくなります。

 

このように感じるのは、髪をコーティングするシリコンが入っていない証拠でもあります。

 

ノンシリコントリートメントを使って、健康な髪や頭皮になると、自然とハリやボリュームアップも期待でき、また、パーマやヘアカラーも長持ちします。

 

このように、ノンシリコントリートメントは、大変優れた様々なメリットがあります。

 

2)頭皮への効果


ノンシリコントリートメントは、髪と同様に頭皮にもよい効果があります。

 

シリコンが配合されている物を使うと、洗い流しでは取りきれない残ったシリコンが頭皮に蓄積されていきます。

 

シリコンは頭皮に付くと強力な油膜となり、毛穴を塞いでしまいます。

 

 

それが蓄積されることによって、
頭皮の乾燥やかゆみ、ひどくなると湿疹などの症状を引き起こしてしまう可能性があります。

 

 

また、シリコンの油膜によって毛穴が塞がれてしまいますので、そこから健康な髪は、生えにくくなり、髪の成長にも影響を及ぼします。

 

特にトリートメントは髪がしっとりする程度に洗い流す加減が必要なため、洗い流しが足りずに頭皮に残ることが多いものです。

 

 

ノンシリコントリートメントは、シリコンのように油膜を作って毛穴を塞ぐことがありません。

 

 

ですので、新しく生えてくる髪の成長を抑えることもなく、逆に、毛穴からたっぷりの栄養を届けますので、髪の健康を促し、美しい髪に育てるのと同様に、頭皮も健康に保つよい効果があります。

ノンシリコントリートメントの選び方、使い方


ノンシリコントリートメントは髪や頭皮の健康に良いとされますが
個人差もありますので正しい選び方や使い方をしておきましょう!

 

1)ノンシリコントリートメントの選び方


トリートメントと言っても、その種類や数は膨大で、ドラッグストアなどに行っても沢山の商品が並んでいます。

 

その中から自分に合った物を選ぶのは少し大変かも知れませんが、選び方が分かると、そう難しくはないです。

 

ダメージを受けた髪を補修する役目のあるトリートメントは、シリコンが配合されている物が多いです。

 

 

一度使っただけで、なめらかになり、指どおりがとてもよくなり、また、髪がキラキラと光沢の出るトリートメントもあります。
それは、主にシリコンが配合されているからです。

 

シリコンは、成分表示に、

  • ジメチコン
  • ジメチコンコポリオール
  • シクロメチコン
  • シロキ
  • フェニルトリメチコン
  • アモジメチコン
などと記載されています。

 

 

トリートメントを選ぶ時は、髪や頭皮に悪影響を及ぼす可能性のある、これらの成分が入っていないかよく確認するようにします。

 

 

シリコン以外にも、鉱物や着色料など添加物が配合されていない物をおススメします。

 

商品のパッケージには必ず成分が記載されていますので、見逃さないようにしっかりと確認をして、髪や頭皮に優しいノンシリコントリートメントを選ぶことが大事です。

2)ノンシリコントリートメント使い方


ノンシリコントリートメントの使い方は、特に普段使っているトリートメントの使い方と差ほど変わりはありません。

 

少し普通のトリートメントと違いがあるとすれば髪に付けてから洗い流すまでの時間です。

 

 

シャンプーで髪の汚れを落とし、綺麗にすすいだ後に、水気を切ってトリートメントを付けます。

 

 

ノンシリコントリートメントは、シリコンと違い、油分で髪の毛1本1本をコーティングしてなめらかにする効果がありますので、付けた後、で注意が必要です。

 

トリートメントを付けてから時間を長く置くと、油分の影響で髪がベタベタとした感じになってしまいます。

 

 

普通のトリートメントは、数分時間を置くことによって、髪に美容成分が浸透し、効果を発揮しますが、ノンシリコントリートメントの場合は、時間を置くほど、油分の影響を受けてしまいます。

 

 

ですので、ノンシリコントリートメントを付けた場合は、時間を置く必要はなく、
全体的に行き渡ったのを確認したらすぐに洗い流します。

ノンシリコントリートメント後のアウトバスケアは何が良いのか?


アウトバスケアとは、その名の通り、お風呂から上がった後にするヘアケアのことです。

 

一般的には、洗い流さないトリートメントのことを指します。

 

 

ノンシリコントリートメントで髪が美しくなった後に使うアウトバスケアは、やはりノンシリコンの物がおススメです。

 

特に、アウトバスケアでおススメなのはヘアオイルです。

 

 

アウトバスケアで使う洗い流さないトリートメントも、シリコンが配合されている物が大変多いです。

 

しかし、自然由来や無添加でシリコンを配合していないヘアオイルも沢山あります。

 

 

よく見けるのは
「ゆず」や「椿」由来のヘアオイル。

 

昔からある安全な物が多く、ドラッグストアなどにも置いているので比較的手に入りやすいです。

 

 

他にも、「オーガニックヘアオイル」や「無添加ヘアオイル」など、
ノンシリコントリートメント同様に髪に悪影響を及ぼす可能性のある成分を配合していない、髪や頭皮に優しいヘアオイルを使うことで、より一層、髪と頭皮の健康を促し、美しさを保つことができます。

 

最近ではヘアオイルカプセルも鮮度を保つ意味で人気ですね。

 

 

アウトバスケアに使うヘアオイルなどを使う上で気を付けたいことは使用量です。
大量につけてしまうと、油分でべたつきます。

 

 

また、頭皮には付かないように気を付け、髪の中央から毛先を重点的に使用することがポイントです。

 

>>ノンシリコントリートメントがついてくる「ベルタシャンプー」を32歳が4ヶ月使った体験談